1. ホーム
  2. 発売・口コミ
  3. ウィザーズ シンフォニー

ウィザーズ シンフォニー

NEXT
PREV

ウィザーズ シンフォニーの製品情報

発売元

アークシステムワークス

発売日

2019年2月28日

価格

通常版:¥6,800 (¥7,344 税込)
DL版:¥6,296 (¥6,800 税込)

※機種によって金額が異なる場合があります

ジャンル

RPG

ゲーム機

PS4Switch

プレイ人数

1人

CERO

C(15才以上)

オンライン

現在不明

価格や発売日など実際とは異なる場合があります。正しい情報は公式サイトをご確認下さい。

剣と魔法と絆の王道ファンタジー

アドベンチャー+育成シミュレーションゲームとして人気を博した初代『ウィザーズハーモニー』がPlayStationで発売されてから23年…。アークシステムワークス設立30周年を迎えた2018年、キャラクターデザインは初代デザイナーmoo氏を起用し、原作シリーズの世界観や設定を踏襲して「ウィザーズ」シリーズは3DダンジョンRPGとして生まれ変わる!

本作は「ドラマチックダンジョンRPG」と銘打ち、「絆」をテーマとした笑いあり、涙あり、どんでん返しありの冒険活劇がフルボイスで展開!

伝説の魔法王国グランスカ崩壊から1000年後――
時はまさに空前絶後の遺跡探索ブームである!

かつて、戦争があった。

暴力と悲しみの連鎖は、世界を包み込み、人々は多くの血と涙を流した。

しかし、そんな戦乱の世も、今は昔。世界から争いは去り、人々は平和を謳歌していた。

そんな平和な世の中にあってこそ、刺激を求めるのが人の性というもの……
人々は未発見の遺跡や太古のロマンに魅せられ、世界中を駆け回っていた。

「冒険者たちの時代」の幕開けである。

そんな中、冒険者としてのスキルを活用し、
ダンジョン探索のサポートを生業とする者たちが現れた。

彼らはダンジョン内の道案内からモンスターの討伐まで、ありとあらゆる仕事を請け負っていく。
たとえるなら「ダンジョンの便利屋」――

いわゆる「コンダクター」の登場であった。

【あらすじ】
舞台は遺跡探索ブームで賑わう街「カザン」。
エム・ツアーズ社に所属するコンダクター「アルト」、「メラク」、「スピカ」の三人は、ダンジョンに迷い込んだネコ探しや、子供たちのダンジョン見学の引率などをこなして日銭を稼ぐ毎日を送っていた。そんな「アルト」たちに突如、転機が訪れる。遺跡の奥で偶然出会った謎の少女「アステル」。彼女はなぜか「アルト」のことをマスターと呼ぶ。そして、彼女を狙う正体不明の謎の組織の存在…平和な日常は崩れていき、アルト達は10人の仲間と共に1000年前に滅んだ伝説の魔法王国「グランスカ」の謎に迫っていく。

冒険を盛り上げてくれる個性豊かな10人の仲間たち

遺跡案内人コンダクターを生業とする主人公の「アルト」の他にも、エム・ツアーズ社の同僚であり親友でもある「メラク」と「スピカ」、記憶喪失の謎のゴーレムの少女「アステル」、冒険者育成学校スキルアンドウィズダムから訪れた問題児「エルリック」、可憐なるエルフの少女「シルヴィア」、研究に没頭するあまり多額の借金を背負うことになった「フィー」など、一癖も二癖もある仲間たちばかり。また、それぞれのキャラクターに個別のストーリーがあり、仲間たちの物語も楽しめる。

キャスト

アルト・トラヴァース(CV:河西健吾)、スピカ・セレスト(CV:東城日沙子)、アステル(CV:田澤茉純)、メラク・ユルディズ(CV:島田武幸)、フィーライン・ソラ(CV:桃河りか)、ニナ・レイジーデイジー(CV:赤星真衣子)、紅 紫翠(CV:室元気)、シルヴィア・ミルスティーン(CV:岩井映美里)、エルリック・メオーラ(CV:酒井広大)、グレイ・スウィフト(CV:前田聡馬)、ヴォルク・ダートファング(CV:山下大毅)

関連グッズ

評価・クチコミ

面白くない微妙普通面白い神ゲー (評価待ち)
Loading...

星をクリックすることで1度だけ評価を行なえます。文章と★評価は別の扱いになっています。

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧