1. ホーム
  2. 発売・口コミ
  3. バイオハザード RE:2

バイオハザード RE:2

NEXT
PREV

バイオハザード RE:2の製品情報

発売元

カプコン

発売日

2019年1月25日

価格

通常版:¥7,800 (¥8,424 税込)
DL版:¥7,222 (¥7,800 税込)

※機種によって金額が異なる場合があります

ジャンル

アクションアドベンチャー

ゲーム機

PS4

プレイ人数

1人

CERO

D(17才以上)

オンライン

現在不明

価格や発売日など実際とは異なる場合があります。正しい情報は公式サイトをご確認下さい。

世界を虜にしたサバイバルホラーの傑作が全てを一新し、
2019年1月25日PS4に再誕!

オリジナル版「バイオハザード2」は1998年の発売。累計販売本数496万本を数える。
舞台は第1作の閉ざされた洋館から一転、パンデミックが描かれる。
本作の大ヒットシリーズの人気を不動としただけでなく、
“すぐそこに生物兵器の驚異が存在する”世界観をも決定づけた傑作だ。

合衆国北西部の街、ラクーンシティ。
その郊外では“人食い”とも呼ばれる猟奇事件が頻発していた。
市警特殊部隊S.T.A.R.S.の派遣により、事件は解決を見るも
真相が公表されることなく、月日が流れて行った。
1998年9月―
猟奇事件から約2カ月後、
ラクーンシティ市街地で大規模なパンデミックが発生した。
赴任先のラクーンシティ警察署へと向かう新人警官レオン・S・ケネディ。
時を同じく、特殊部隊隊員である兄の安否を確かめるため
ラクーンシティへと向かう女子大学生のクレア・レッドフィールド。
二人は、生ける屍者で溢れた街、
見紛う事のない地獄を目の当たりにする……

原点にして、最恐“ゾンビ”が、もっとも怖い

生ける屍者“ゾンビ”。本作に登場するゾンビは、どんなに傷つけられようとも、執拗に生者=プレイヤーの命を貪りに来る。

世界の緻密な再考証 新構築されたラクーンシティ

キャラクター、背景の構成はもとより、物語も一から再考証をおこなった、懐かしくもまったく新しい“恐怖の惨劇”が幕を開ける。

圧倒的な没入感 迫真のフォトリアル世界

全世界から絶賛された「バイオハザード7」。その最新技術は、本作にも活きている。
匂いや湿度すら感じられるほどのビジュアルが、初プレイの記憶すら上回るクオリティでプレイヤーに迫ってくる。

キャスト

レオン・S・ケネディ(CV:森川智之)、クレア・レッドフィールド、(CV:甲斐田裕子)、エイダ・ウォン(CV:皆川純子)、シェリー・バーキン(CV:佐々木りお)、マービン・ブラナー(CV:小松史法)、ブライアン・アイアンズ(CV:広瀬彰勇)、ウィリアム・バーキン(CV:関俊彦)、アネット・バーキン(CV:林真理花)

関連グッズ

関連記事

評価・クチコミ

面白くない微妙普通面白い神ゲー (評価待ち)
読み込み中...

星をクリックすることで1度だけ評価を行なえます。文章と★評価は別の扱いになっています。

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧