1. ホーム
  2. 発売・口コミ
  3. 神凪ノ杜 五月雨綴り

神凪ノ杜 五月雨綴り

NEXT
PREV

神凪ノ杜 五月雨綴りの製品情報

発売元

Matatabi

発売日

2019年8月29日

価格

通常版:¥6,800 (¥7,344 税込)

※機種によって金額が異なる場合があります

ジャンル

女性向けADV

ゲーム機

PS Vita

プレイ人数

CERO

現在不明

オンライン

現在不明

価格や発売日など実際とは異なる場合があります。正しい情報は公式サイトをご確認下さい。

PCゲームとして発売された「神凪ノ杜 妖狐奇譚」「神凪ノ杜 龍神奇譚」の2作がPS Vitaで1つになり『神凪ノ杜 五月雨綴り』として登場!!

雨の中、手を伸ばす。
大切な記憶(おもい)がこぼれてしまわないように――

都会から遠く離れた雨月村を舞台に、妖や神様と触れ合い、大切な人と綴る切なくも温かい物語。

妖狐奇譚

主人公は、幼い頃から人には見えないものを見ることがあった。
たった一人の家族である母は、そのことを絶対に誰にも言わないよう彼女に言いつけ、彼女はそれを守って生活していた。

ある雨の夜、部屋の窓から外を眺めていると、傘も差さずに通りを歩く人の姿を見つけた。
その人は、三日前に亡くなったはずの母によく似ていた。

――雨の夜に、死んだ人が帰ってくる。

母の葬式で聞いた噂話。
まさかと思いつつも家を出て母の姿を追うと、そこに居たのは一人の妖の青年だった。

「お迎えにあがりました」

父方の祖父の家で働いているというその青年は、そう言って彼女の前に跪いた。

青年に導かれ、都会から遠く離れた田舎にある「雨月村」にやって来た彼女は、病で伏せっている祖父の代わりに、神や妖に関する問題を解決する「よろず妖屋」を任されることになり――。

龍神奇譚

目を覚ますと主人公は見慣れない部屋のベッドに寝ていた。
ここはどこだろう……そう考えかけて気付く。
自分が、自分の家も、名前も、何もかも忘れてしまっていることに。

記憶を失った彼女は、しばらくの間高校を休んで、家業だという「よろず妖屋」の仕事をすることになる。

屋敷に住む妖や神様に助けられながら、懸命に仕事に取り組む主人公。

しかし、村で行われた灯篭流しの祭りの日を境に、彼女は自分の両親の死の謎、そして数百年前から隠され続けてきた、雨月村の真実を知っていくことになり――。

登場人物

【妖狐奇譚攻略キャラクター】
仁科 直(CV:梅原裕一郎)、沢木 宋太(CV:八代拓)、市丸(CV:興津和幸)

【龍神奇譚攻略キャラクター】
旭(CV:江口拓也)、日向(CV:柿原徹也)、東雲(CV:松岡禎丞)

関連グッズ

評価・クチコミ

面白くない微妙普通面白い神ゲー (評価待ち)
読み込み中...

星をクリックすることで1度だけ評価を行なえます。文章と★評価は別の扱いになっています。

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧