1. ホーム
  2. doope!
  3. フリッツ・カーンが描いた機械のような人体解剖図をゲーム化する「Homo Machina」のプレイ映像が登場

先月上旬、ドイツの著名な科学作家フリッツ・カーンが描いた人体機械解剖図にインスパイアされた新作としてご紹介した仏“Darjeeling”の新作「Homo Machina」ですが、GDCやEGX Rezzedといった直近のイベントにて本作のプレイアブルなビルドが出展されており、司令部的な脳から順次身体の機能を稼動させるゲーム的な展開や各機関の役割を分かりやすく機械化したアニメーションが確認できる非常に興味深い直撮り映像が登場しています。

GDC会場で撮影されたプレイ映像

かつてフリッツ・カーンが抱いた科学的なビジョンの共有を目指す“Homo Machina”は、人体を運用する小さな労働者達があくせくと働く機械的な体内を調査する2D探索ゲームで、詩的なナレーションやシンプルなゲームメカニクス、高品質なアニメーションを特色としており、今年春の発売を予定しています。

なお、本作の開発を手掛けるフランスの“Darjeeling”は、かつてフィリップ・K・ディックをテーマに、作品そのものではなく、所謂ディック的な人物像と人生を追体験する独創的なアドベンチャー“Californium”を生んだスタジオで、今回の“Homo Machina”がスタジオの第2作目となります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関連記事
  • 人体を巨大な機械に見立てたフリッツ・カーンの解剖図にインスパイアされた「Homo Machina」がアナウンス、素敵なティザートレーラーも
  • フィリップ・K・ディックの人生と作品にインスパイアされた新作「Californium」のSteamリリースが2月17日に決定
  • フィリップ・K・ディックの人生と作品をテーマに描く新作アドベンチャー「Californium」が開発中、発売は2016年初頭

この記事は『 doope! 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://doope.jp/2018/0475851.html

記事本文を読む

お勧めの記事

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧