1. ホーム
  2. ストリートファイター総合
  3. 「ドラゴンボール ファイターズ」初の公式大会「ファイティングデー」フォトレポート。名古屋勢 まさやん選手が頂点へ
 2018年5月26日,東京・Red Bull Gaming Sphere Tokyoにて,バンダイナムコエンターテインメントの「ドラゴンボール ファイターズ」(PC※/PlayStation 4/Xbox One 以下,DBFZ)初の公式大会,「ファイティングデー」が開催された。

※現在,PC(Steam)版は日本国内から購入できません。


 今大会は事前エントリー制のワンデイトーナメントで,総エントリー数は104名(トーナメント表→「こちら」)。レギュレーションは1on1のシングルエリミネーション方式が採用されており,先に2試合を制した側が勝利(いわゆる「2先」)となる。使用機種はPlayStation 4版だ。
 本稿では,予選を勝ち上がった8名による決勝トーナメントのフォトレポートを掲載する。


「ドラゴンボール ファイターズ」公式サイト



東京勢 vs. 名古屋勢の図式となった決勝トーナメント


会場には対戦スペースが用意されており,予選で敗退したプレイヤーが野試合を楽しんでいた
今大会はMC:オオヌキ氏,実況:なない氏の布陣。ゲストコメンテーターとして,DBFZのプロデューサーを務める広木朋子氏が熱戦を見守った
海外のプレイヤー向けの配信も行われていた
優勝,準優勝の賞品はDBFZ特製パーカー。胸の部分に希望の漢字を入れてもらえる仕様だ
決勝トーナメントの1回戦第1試合。名古屋を代表する強豪プレイヤー・選手と,都内で開催されているDBFZ対戦会のスタッフでもあるMENMA選手の対決は,優勝候補と目されていた超選手が下馬評どおりの実力を発揮し,2試合を連取した
1回戦第2試合は名古屋勢同士の組み合わせ。ルビー選手とまさやん選手の対決は,こちらも2試合を連取したまさやん選手が勝利を収めた
1回戦第3試合は東京勢が激突。MENMA選手と同じくDBFZ対戦会ではスタッフを務めるサガエ選手と,ゲーミングハウス・とき〇荘のメンバーである犬千代選手の対決は,犬千代選手がストレート勝利となった
1回戦第4試合はゲーミングハウス所属選手同士の組み合わせ。GODSGARDENが開催しているDBFZ対戦会のメンバー・ソウジ選手と,とき○荘に所属する金デヴ選手の対決は,DBFZのやり込みぶりを見せたソウジ選手が危なげなく勝利した
1回戦はいずれも2-0という結果に
準決勝第1試合は超選手とまさやん選手の対決に。名古屋勢同士となるカードは,まさやん選手が辛勝
準決勝第2試合はとき○荘の犬千代選手と,GODSGARDENのソウジ選手の対決。犬千代選手の独特な荒々しい戦いぶりが目立ったものの,ソウジ選手はそれに惑わされず,冷静な試合運びで2試合を連取した
朝8:00の予選開始から10時間以上を経て,ようやくたどり着いた決勝戦。晴れの舞台に勝ち上がってきたのは,名古屋勢・まさやん選手と東京勢・ソウジ選手だった
まさやん選手は人造人間16号,ソウジ選手は魔神ブウ(純粋)が効果的に機能し,互いに1本ずつ取り合う展開に。雌雄を決する最終試合では,まさやん選手のバーダックがリベンジャーアサルトからの攻防を制して,ソウジ選手のベジータをダウンさせることに成功。続けて,まさやん選手は4ゲージ使用するディレイドコンボもきっちり決めると,ソウジ選手の魔神ブウ(純粋)もダウン。3対1の状況になり,勝敗は決した
見事に優勝を果たしたまさやん選手(上),準優勝のソウジ選手(下)

「ドラゴンボール ファイターズ」公式サイト

この記事は『 4gamer 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:http://www.4gamer.net/games/384/G038402/20180601062/

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧