1. ホーム
  2. ライフ イズ ストレンジ ビフォア
  3. [E3 2018]「ライフ イズ ストレンジ」の3年後を舞台にした完全新作短編「The Awesome Adventures of Captain Spirit」の全貌が明らかに
 日本でも人気を博した時間遡行アドベンチャーゲーム「ライフ イズ ストレンジ」(PC / PS4 / PS3)。そのスピンオフ作品「The Awesome Adventures of Captain Spirit」(PC / PS4 / Xbox One)が,北米市場では2018年6月26日に無料でリリースされる(関連記事)。

 本シリーズのパブリッシングを担当するスクウェア・エニックスのブースで,この作品のデモプレイを含めたプレゼンテーションと,開発元であるDONTNOD Entertainmentの開発者に対する合同インタビューが行われたので,その様子をまとめてお届けしよう。


「The Awesome Adventures of Captain Spirit」公式サイト



「ライフ イズ ストレンジ」の3年後を描いた物語


 今回のプレゼンでは,「The Awesome Adventures of Captain Spirit」は「ライフ イズ ストレンジ」と同一の世界を舞台にしたインタラクティブアドベンチャーであることが明言された。時間軸設定は「ライフ イズ ストレンジ」の3年後となっており,現在開発中の「ライフ イズ ストレンジ 2」への導入部になるとのことである。


 ゲームは,雪が降り積もった田舎に建つ,一軒家の子供部屋からスタートする。
 プレイヤーが操作するのはクリスという名の10歳の少年。彼は,自分が架空の超能力ヒーロー「キャプテン・スピリッツ」で,頼れる相棒ヒーロー(一人二役で姿は見えない)と一緒に,「スノウマンサー」と呼ばれる空想上のモンスターの襲撃から前線基地(自分の家)を守っているという設定に夢中だ。


 ゲームの序盤は,クリスがこの架空のヒーローを設定しているところから始まり,これを終えると,父親から「朝食ができたぞ」と呼ばれる。父親は朝から飲酒状態で,クリスが「ママの目玉焼きが好きだったな」と軽く愚痴をこぼすと,「もう,そのことは言わない約束だったろ」と父親にたしなめられる。どうやら,母親のいない父子家庭ということらしい。

 朝食を終えると,父親は飲酒しながらテレビのアイスホッケー中継に夢中になり,クリスは再び妄想の世界へ入っていく。大人には,どうということもない「地下のボイラー室の電源再投入」も,10歳のクリスには超能力ヒーローのキャプテン・スピリッツが挑戦すべき危険なミッションに見えてくる。
 暗い地下室は,クリスにとっては不気味なガスが立ち込める異空間であり,ボイラータンクは巨大なモンスターなのだ。果たして,クリス(キャプテン・スピリッツ)は不気味な怪人(ボイラータンク)に勝てるのだろうか……。


 という具合に,何気ない「日常の家事」や「父親との触れ合い」もクリスにとっては一大アドベンチャーという感じで描かれ,物語は進んでいく。超能力ヒーローのキャプテン・スピリッツはさまざまな念力が使えるのだが,実はそれはリモコンを使っているだけだったり,左手でこっそり対象物を動かしていたりと,すべてクリスの空想の産物である。「クリス少年の“妄想”大冒険」は,どのように「ライフ イズ ストレンジ」と「ライフ イズ ストレンジ 2」の間を紡いでいくのか,シリーズのファンであれば興味をそそられるところだろう。



プレイ結果は「ライフ イズ ストレンジ 2」へと引き継げる!


 このデモプレイを見たあと,DONTNOD Entertainmentの「Life is Strange / The Awesome Adventures of Captain Spirit」プロジェクト,クリエイティブディレクターのRaoul Barbet氏への合同インタビューが行われた。
 以下に,その内容を要約してお届けしたい。

DONTNOD Entertainmentのクリエイティブディレクター,Raoul Barbet氏
――「The Awesome Adventures of Captain Spirit」の開発経緯について教えてください。

Raoul Barbet氏(以下,Barbet氏):
 「ライフ イズ ストレンジ」の開発終了後,ほどなくして「ライフ イズ ストレンジ 2」の開発が始まりました。これと並行してスタートしたのが「The Awesome Adventures of Captain Spirit」です。

――本作はどのくらいのボリュームのゲームなのでしょうか。

Barbet氏:
 「The Awesome Adventures of Captain Spirit」は2時間くらいの長さのスタンドアロンのゲームです。現時点で,本作に追加エピソードなどが提供される計画はありません。

――「ライフ イズ ストレンジ 2」との関係性について教えてください。

Barbet氏:
 「The Awesome Adventures of Captain Spirit」では「ライフ イズ ストレンジ 2」へとつながる「架け橋となるストーリー」が描かれます。「2」について現時点で公開できる情報はありませんが,本作をプレイしたステータス,すなわち探索結果や選択などは「2」に引き継がれます。

――本作のゲームとしてのゴール(クリア条件)は何でしょうか?

Barbet氏:
 「ライフ イズ ストレンジ 2」のイントロダクション的な存在であり,ボリューム的にもそれほど長いものではないので,終わらせようと思えばすぐに終わってしまいます。探索項目として,クリスが挑戦すべきクエストのようなものはありますが,すべてをプレイする必要はありません。ただ,すべてをプレイしていくと「どうしてクリスの家庭には母親がいないのか」といった情報も見えてくることになるでしょう。

――クリス少年が10歳という設定になった経緯を教えてください。

Barbet氏:
 我々は10歳という年齢はとても「微妙なお年頃」だということに気が付きました。どういうことかと言うと,「10歳」は「子供らしい純粋さ」と「大人が抱える複雑な事情」に対する理解力を兼ね備える頃合いなのです。
 本作では,クリスは朝食でのやりとりのシーンなどで,父親が抱えている問題に気付き始めています。「父親とどう接するべきか」「我が家はどういう状況にあるのか」ということを,子供なりに理解しているのです。
 本作で描きたいテーマを実現するには,この10歳という年齢は最適だったのです。

――本作は「ライフ イズ ストレンジ」と世界観を共有しているとのことですが,同作のキャラクターが登場することもあるのでしょうか。

Barbet氏:
 本作をプレイしていると,「ライフ イズ ストレンジ」に登場したさまざまなキーワードやキャラクターを目にすることになります。例えば,本作ではクリスがブラックウェル高校の校長からの手紙を発見するシーンがあります。この高校は「ライフ イズ ストレンジ」に登場しましたね。
 また,クリスの部屋にはホットドッグマンのグッズがたくさん置いてあります。きっと彼は,相当ホットドッグマンが好きなのでしょう。これ以上のことについては,ゲームをプレイして皆さんで発見してみてください。

――「ライフ イズ ストレンジ」はUnreal Engine 3ベースでしたが,「The Awesome Adventures of Captain Spirit」は,よりスマートフォンやタブレットに展開しやすいUnreal Engine 4ベースとなっています。ゲームのメカニクスや内容から考えると,こうしたモバイル端末で発売すれば,さらに人気が高まるような気がするのですが。

Barbet氏:
 私もその考えには賛同します。現時点では具体的な計画などはお話できませんが,ほかのプラットフォーム,とくにモバイルプラットフォームへの展開は挑戦できたらいいなと思っています。

――ありがとうございました

「The Awesome Adventures of Captain Spirit」公式サイト

4GamerのE3 2018記事一覧

この記事は『 4gamer 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.4gamer.net/games/422/G042246/20180614167/

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧