1. ホーム
  2. Game*Spark
  3. PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」

Found two well hidden secrets in Silent Hill 2 (PS2) https://t.co/zoVf1hk2Jc Complex set of button inputs enable four mini map types that display in the top right corner of the screen. The second secret button combo enables you to save anywhere, at anytime. pic.twitter.com/FIIPsGUzYc

— punk7890 (@punk_7890) 2018年7月13日
海外ゲーマーの報告より、2001年にコナミデジタルエンタテインメントから発売されたホラーアドベンチャー『サイレントヒル2』に「ミニマップ表示」や「どこでもセーブできる機能」を利用する裏技が存在したことが明らかになりました。

ゲームのリバースエンジニアリングや未使用データ、デバッグメニューなどを発掘する海外のゲーマー@punk_7890さんによると、「いぬ」エンディングクリア後にゲーム内で「スタート+L2+□+L3」を入力し、四角型のミニマップを画面右上に表示することができるとのこと。インベントリ画面に入り、一旦終了してからスタートボタンを押したまま、残りのボタン操作を入力する必要があると伝えられています。

また、「どこでもセーブできる機能」は「十字キー左+Lスティック左+Rスティック左+L2+L1+L3」という複雑なキー入力で実際に利用できたのだとか。ミニマップ機能の存在は内部データから確認されていましたが、ゲーム内で実際に利用するための手段は長い間分かっていませんでした。これにより、発売から17年越しの「裏技発見」が実現したということになります。

なお、『サイレントヒル2』インターナショナル版ではコントローラータイプが「2」の状態でないと再現できないと報告されています。

この記事は『 Game*Spark 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.gamespark.jp/article/2018/07/18/82372.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧