1. ホーム
  2. モンハンワールド
  3. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中
カプコンは、先日Steamにてリリースされたハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』について、ユーザーより修正希望の声が多く寄せられているマウス操作と通信エラーの問題について、修正対応中であることを明らかにしました。

対応が行われる問題の1つはマウス操作に関連したもの。同作はPCのアクションタイトルとしては一般的なキーボード+マウス操作に対応しているものの、マウスの操作挙動が他のPCネイティブなシューター、アクションタイトルで見られるような機敏で直感的なカメラ操作とは異なり、ユーザーからは改善を求める声も上がっていました。

こうしたユーザーの声についてカプコンは「弊社でも真摯に受け止めており、現在皆さまのご要望に応えるべく、改善に向けた作業を進めています。」とし、今後の改善が行われることを告知。詳細については確定次第発表されるとのことです。

そして、頻発が報告されているマルチプレイ時の通信エラーについては、Steamのネットワークサービスを利用しているということで、Valveと協力して原因を調査中であり、修正パッチの配信に向けた作業が進行中とされています。

記事執筆時点(8月18日)でも21万人以上がプレイ中の『モンハン:ワールド』PC版。反面Steamにおける評価は、前述の問題を受けてか23,136件中42%のみが高評価の“賛否両論”状態です。同作の魅力の一つでもあるマルチプレイの早期の改善がなされることに期待しましょう。

『モンスターハンター:ワールド』PC版はSteamにて5,990円で配信中です。

この記事は『 Game*Spark 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.gamespark.jp/article/2018/08/18/83095.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧