1. ホーム
  2. 気になるゲーム情報
  3. PS4向けに“新しく、かつ原点に立ち返った”シリーズ最新作『お姉チャンバラORIGIN』が世界初公開!【TGS2018】

 2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、ディースリー・パブリッシャーブースにて開催されたメディアブリーフィングで、プレイステーション4用ソフト『お姉チャンバラORIGIN』が発表された。ここではそのブリーフィングの模様をリポートする。

ディースリー・パブリッシャーがPS4用ソフト『お姉チャンバラ ORIGIN』を発表!【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、ディースリー・パブリッシャーブースにて開催されたメディアブリーフィングで、『お姉チャンバラ ORIGIN』が発表された。

 ブリーフィングに登場したのは、『お姉チャンバラORIGIN』でプロデューサーを務める岡島信幸氏。あいさつもそこそこに、さっそく世界初公開の新作として『お姉チャンバラORIGIN』が発表された。

ディースリー・パブリッシャーの岡島信幸プロデューサー。

おなじみ、『ドリームクラブ』のホストガール“雪”(姫野つばさ)。

「“ORIGIN”には起源や原点という意味があります。『お姉チャンバラORIGIN』は原点に立ち返った内容になります」と岡島氏。シリーズを“爽快・グロテスク・セクシー・アクションゲーム”と評した岡島氏は、「(『お姉チャンバラORIGIN』では)プレイステーション2で発売した『SIMPLE2000シリーズ THEお姉チャンバラ』と『THEお姉チャンバラ2』にあたるエピソードを完全フルHDリメイクします。プレイステーション4用ソフトとして、現代の技術を使って、ビジュアルもすべて新しくします」と語る。ストーリーも焼き直しではおもしろくないので、「新しい解釈を加味しています」(岡島氏)とのこと。
 『THEお姉チャンバラ1・2』がベースになるので、メインヒロインはもちろん“彩”となり、妹の“咲”も登場する。また、キャラクターデザインとしてイラストレーターのエナミカツミ氏を起用し、ブリーフィングでは彩と咲のデザイン画が披露された。

 となると気になるのはゲーム開発の進行具合だが、ブリーフィングでは、エナミ氏のデザインをもとに3Dで描かれた彩のグラフィックが公開された。もともと“2.5D”の表現に定評のあるディースリー・パブリッシャーだけに、じつに見事な再現度!
 また、実際のゲーム画面も3点公開された。『THEお姉チャンバラ1・2』をプレイした人には懐かしい病院のステージもあり、フルHDリメイクされ、60fpsで動く『お姉チャンバラORIGIN』を早く見たいところ。

 残念ながら、ゲーム画面の公開はこれで終了。「代わりに実写版の彩と咲をご用意しました!」と岡島氏がステージに呼び込んだのは、コスプレ姿の彩と咲! TGS会期中、ディースリー・パブリッシャーのスブースでは、コスプレ撮影会なども開催されるので、ふたりの艶姿を見に行こう!

ゾンビ視点カメラ“もっちり君1号”を装着した岡島氏が、彩と咲を舐め回すかのような視点で迫る。

 TGS2018で世界初公開されたプレイステーション4用ソフト『お姉チャンバラORIGIN』は、2019年発売に向けて鋭意制作中。ティザーサイトも立ち上がり、いよいよ本格的に指導開始! 最後に岡島氏は「新しく生まれ変わり、原点に立ち返った『お姉チャンバラORIGIN』を楽しみにしてください」とブリーフィングを締めくくった。

この記事は『 ファミ通 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.famitsu.com/news/201809/20164430.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧