1. ホーム
  2. イベント情報
  3. [TGS 2018]今後も,ゲームファンのための場を作っていきたい。SIEのシニアバイスプレジデント織田博之氏への合同インタビューの模様をお届け
 ついに開幕した東京ゲームショウ 2018。その初日となる2018年9月20日,ソニー・インタラクティブエンタテインメントでシニアバイスプレジデント兼日本ビジネスオペレーション部門の部門長を務める織田博之氏への合同インタビューが行われた。

 インタビューでは,9月19日に発表された「プレイステーション クラシック」(以下,PSクラシック)を始め,PlayStationビジネスの今後について話を聞けたので,その内容をお届けしよう。

「PlayStation 4」公式サイト


――本日はよろしくお願いします。PSクラシックの開発経緯を教えてください。

織田博之氏(以下,織田氏)
 初代PSの発売から,今年で25年となります。その記念としてPSファンにお届けするアイテムの1つとして用意しました。数量限定であり,現時点では増産の予定はありません。

――PSクラシックに収録されるタイトルは,海外と日本で違いがありますか。

織田氏
 あります。タイトルの選定は,人気が高くてファンの多い作品を厳選して収録しています。内容につきましては続報に期待してください。

――PS Plus会員先行で抽選先行予約が始まりましたが,店舗での販売予定はありますか。

織田氏
 店舗販売についても,続報をお待ちください。

――オリジナル版の周辺機器などは使えますか。

織田氏
 初代のコントローラやメモリーカードなどは使用できません。付属するコントローラでお楽しみいただければと思います。

――初代PSが発売されてから25年ということで,当時PSで遊んでいた人の中には,シニア世代になった人もいるかと思います。そういった層もターゲットに入っていますか。

織田氏
 個人的な見解ですが,シニア層は元気な人や新しいものに積極的な人が多い印象を受けます。もちろん,PSクラシックで遊んでもらえることは歓迎しますが,最新ハードのタイトルもぜひプレイしてほしいですね。

――eスポーツについてはどうお考えでしょう。

織田氏
 新しいゲームの楽しみ方だと捉えています。今年の東京ゲームショウでは,「コール オブ デューティ ワールドウォーII」のプロリーグが実施されますので,ぜひ足を運んでください。


――PlayStation VRが発売されてから来月で2年を迎えます。PS VRはこれからどのように展開していくのでしょうか。

織田氏
 PS VRは,現時点で300を超えるタイトルがリリースされています。先日発表させてもらった「みんなのGOLF VR」など,今後も新しい作品が次々に登場する予定です。また,すでに発表した,PS VRで楽しめる宇多田ヒカルさんのコンサートのように,ゲーム以外のコンテンツにも力を入れていきます。

――PS PlusやPS Nowの展開についても教えてください。

織田氏
 こちらも引き続き,多くのファンに楽しんでもらえるような展開をしていきますので,楽しみにしていてください。

――最近,PCとコンシューマ機のマルチプラットフォームで展開されるタイトルが増えてきましたが,その中でPlayStation 4の強みはどこにあるのでしょうか。

織田氏
 PS4でしか遊べないユニークなタイトルがあるというところです。9月7日に発売した「Marvel’s Spider-Man」もそのうちの1つで,大変好評です。

――PSファンに向けては,今後どのようにプロモーションを展開していく予定ですか。

織田氏
 9月10日に,国内初となるエンドユーザー向けのイベントを行い,そこでは,たくさんの人からポジティブなフィードバッグをもらいました。これからも,ゲームファンのエンゲージを高められる場を作って盛り上げていきたいですね。

――ジャパンスタジオからは今後,新作は出るのでしょうか。

織田氏
 みんゴルを始め,ジャパンスタジオでもいろいろなゲームを開発しています。引き続き注力していきますので,期待してください。

――国内では,どのようなキャンペーンを行っていく予定ですか。

織田氏
 日本の市場は,年末年始がとても重要になります。我々もそこに合わせていろいろな準備を進めています。


――PS Vitaの後継機などは予定されていますか。

織田氏
 携帯型のコンシューマ機に関する計画は,今の段階ではありません。PS Vitaは2019年で出荷完了となりますが,ゲームは引き続き出していきます。

――インディーズゲームのサポートは今後も継続されていきますか。

織田氏
 東京ゲームショウのインディゲームコーナーも協賛していますが,インディーズゲームは今後もサポートしていく予定です。

――中国市場での展開も始まりましたが,日本市場との違いはありますか。

織田氏
 長い間コンシューマ機が禁止されていましたので,据え置き機でゲームをするという環境がまだできていません。ですので,まずは市場を開拓していきたいですね。日本でも,幅広い年齢の人に楽しんでいただけるよう,努力を続けていきたいです。

――本日はどうも,ありがとうございました。

4Gamer「東京ゲームショウ2018」特設サイト

この記事は『 4gamer 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.4gamer.net/games/990/G999024/20180920125/

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧