1. ホーム
  2. PUBG
  3. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

PUBG Corpは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のテストサーバーにリージョンロックを導入しました。

Update #22詳細によれば、プレイヤーの接続元の地域に応じて、接続先であるサーバーの場所が自動的に決定されるように変更。別の地域のプレイヤーとチームを組む際のマッチメイキングでも、自動でプレイする地域が決定されるとのことです。今年3月に、本作のディレクターであるBrendan Greene氏はリージョンロックに対し否定的な見方を示していましたが、今回の措置によりこれが翻意された形となります。


また、新たにランクシステムも実装。シーズン制であり、試合の戦績に応じてポイントが増減され、昇格や降格が決定されます。合計8つのランクが存在。



その他にもマップの選択が再度復活し、回復アイテムと手榴弾への素早いアクセスを可能とするホイールメニューが追加されています。

これらの要素は現在テストサーバーにおいて実装されているもので、安定性を確認後、10月上旬に正式に採用される予定とのことです。

この記事は『 Game*Spark 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.gamespark.jp/article/2018/09/22/83988.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧