1. ホーム
  2. 4gamer
  3. 「JOYPOLIS VR SHIBUYA」プレス向け内覧会をレポート。自分の顔写真を反映したアバターで戦う「TERMINATOR SALVATION VR」が目玉
 2018年10月18日,CAセガジョイポリスは,10月25日にオープン予定のアミューズメント施設「JOYPOLIS VR SHIBUYA」プレス向け内覧会を開催した。


 JOYPOLIS VRは,同社が展開する「JOYPOLIS」のVR体験に特化した施設だ。「JOYPOLIS VR SHIBUYA」はその第1号店で,ハチ公前スクランブル交差点の目の前にあるファッションビル「MAGNET by SHIBUYA109」の6Fにオープン予定となっている。本稿ではプレス向け内覧会で体験できたアトラクションのレポートを中心にその模様をお届けしていく。

 オープン時のアトラクションは全部で4種類。施設の入場は無料で,それぞれの体験には個別の料金が必要となる。
 目玉となるのは映画「ターミネーター」の世界観で繰り広げられるシューティングアトラクション「TERMINATOR SALVATION VR」。このアトラクションは,映画「ターミネーター」をテーマにしたもので,最大4人のチームを組んでT-600との戦いを繰り広げる。

アトラクション入口とプレイエリア。後者は3つ用意されている
 大きな特徴は,遊ぶ前にプレイヤーの顔をスキャンして,ゲーム中のアバターに反映させるという機能で,さらにメールアドレスを登録すると,プレイ中のVR空間を撮影した動画をダウンロードできるというサービスも用意されている。

プレイ前に配布されるQRコードが印刷されたカード。名前やメールアドレスなどを登録すると保存され,2回目以降のプレイでもこのカードを使って遊べる
専用のスキャナーでデータを登録し,顔をスキャンする。メガネがあってもちゃんと取り込んでくれた
 ゲームはバックパックPCを背負い,専用のガンコントローラを持ってプレイする。グローブは使用しないのだが,VR空間には自分の手や足が表示され,手はちゃんと指の動きまで認識されていた。
 ヘッドセットを装着すると,そこはブリーフィングルームで,先ほどスキャンしたプレイヤーの顔が壁に表示されている。面白いのは,プレイヤーも含めた全員がターミネーターのエンドスケルトンの姿をしているということ。これは敵に見破られないように,プレイヤーが人間とアンドロイドのハイブリッドになるという設定によるものだ。エンドスケルトンに自分の顔がはめ込まれた姿にはちょっと笑ってしまった。

プレイエリアはそれほど広くはない。専用のガンを持ってプレイする
こちらが専用のガン。リロードは必要なく,弾は制限なく撃てる
「TERMINATOR SALVATION VR」体験ムービー
 コンテナによって運ばれた先は,崩壊したロサンゼルスのビルの屋上だ。プレイヤーはここで,ターミネーター「T-600」の攻撃を退けながら,近くにあるパラボラアンテナからスカイネットの通信拠点に対して停止信号を送らなくてはならない。
 敵のターミネーターを攻撃しつつ,途中のシークエンスでは,屋上に落ちている燃料電池を2人がかりで持ち上げて正しい場所に配置し,さらにヒューズを設置する。最後にレバーで電源を入れて,ボタンを押して電波を送るという作業を体験するのだ。
 また,ゲームの中だけでなく,実際のアトラクションエリア内には,それらを模した設置物が用意され,ちゃんと実物に触れて作業する感覚を味わえる。

コンテナに乗るときはエリアの奥に全員が入る。鉄骨がリフトの感触を味わえる
燃料電池とヒューズを所定の位置に設置。実物がある感触はなかなか新鮮だ
 「TERMINATOR SALVATION VR」は,自分自身が実際にVR空間へ存在しているかのような体験ができる「ストーリー・リビング」型式を謳っており,ただ見るだけでなく,感じられることを売りとした演出が,これまでの同様のVRシューティングとは一味違うところだ。価格は1回2500円(税込)。体験時間は約15分だが,事前の準備やブリーフィングにも15分程度かかるので,時間には余裕をもって行きたいところだ。公式サイトから事前予約も可能なので興味のある人は参加してみよう。

 また,内覧会の当日には最新アトラクション「ギリギリ!高所VR」の発表も行われた。これは,断崖絶壁のビルの壁面を,壁に沿って歩くというもの。
 単純なルールながら,10cm程度しか幅のない足場や,後半の所々が欠けている部分を渡るなど,背筋が凍る緊張感を味わうことができた。さらにプレイ中はちょっとしたドッキリ演出も用意されており,何度か肝を冷やすことになるかもしれない。
 プレイ中,目の前には摩天楼が広がっていたのだが,筆者はそれどころではなく,ほとんど眺めている余裕がなかった。価格は1回800円(税込)。プレイ時間は5分程度だが,ゴールまでの時間は体験する人によって前後するようだ。

足場が本当に狭いので,筆者のように太っているとより緊張感がある。体験中は写真のようにスタッフが目の前をフォローしてくれる
後半の足場には溝があり,ここを上手く渡るのがかなり大変だ
こちらが体験中の映像。壁の縁を渡る形なので,バランスを取るのが大変だ
 3つめのアトラクション「THE DOOR(ザ・ドア)」は,ホラー系の脱出VRだ。愛娘エイミーの病を治療するために人々を監禁しているジェイコブ博士によりプレイヤーも監禁されてしまい,そこからの脱出を図るというものだ。


 2人協力プレイのアトラクションで,3つのカギで閉ざされた扉と,手が通るぐらいの小窓で挟まれた部屋に閉じ込められた両者は,お互いの部屋で謎解きのヒントやアイテムを探し,小窓からそれらを受け渡しながら,謎を解いていく。
 ゲームには制限時間があり,これがゼロになると脱出失敗となってしまう。筆者の組はかなりいいところまで謎を解明したのだが,残念ながらタイムアウトとなってしまった。
 謎解き自体かなりよくできていて,互いが小窓でしかやりとりできないもどかしさはVRならではのものだ。障壁があることにより,上手く意思疎通できて謎が解けたときの気分は格別なものがあった。ただしプレイの合間にかなり怖い演出が挿入されので,そちらは覚悟のうえで参加しよう。価格は2名合計で1回1600円(税込),プレイ時間は約12分だ。

体験する場所は1つの部屋だが,2人は小窓のある扉で仕切られている
 残る最後のアトラクションは「TOWER TAG」。VR空間に建つタワーの上で2対2の対戦を繰り広げる対戦シューティングだ。こちらは東京ジョイポリスにも設置されているものと基本的な内容は同じで,以前プレイレポートを掲載しているので,以下の記事をご覧いただきたい。価格は1回1000円(税込),プレイ時間は約4分×2セットとなる。

タワーをワイヤーで移動しながら相手を撃っていく。足場の壁などを使った回避なども熱い
関連記事

東京ジョイポリスに対戦型VRアトラクション,「TOWER TAG」が明日オープン。いくつものタワーが建ち並ぶVR空間で,2人対2人のチーム対戦を楽しもう

 東京ジョイポリスの新しい対戦型VRアトラクション,「TOWER TAG」が,2018年2月9日にオープンする。建ち並ぶタワーをワイヤーで移動し,サバイバルゲームのような銃撃戦を楽しめるこのアトラクションのメディア向け体験会が開催されたので,さっそくレポートをお届けしよう。

[2018/02/08 14:12]
  • キーワード:
  • イベント
  • プレイレポート
  • OTHERS
  • アクション
  • シューティング
  • サバイバル
  • SF
  • 欧州
  • ライター:稲元徹也

「JOYPOLIS VR SHIBUYA」公式サイト

この記事は『 4gamer 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20181018131/

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧