1. ホーム
  2. ファミ通
  3. 「唯ちゃんは根は乙女なんです」『デレステ』山下七海さん(大槻唯役)インタビュー

 2018年9月で3周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。同作で大槻唯役を演じる山下七海さんにインタビューを実施した。

「『デレステ』といっしょに私たちも進化していきます!」『デレステ』福原綾香さん(渋谷凛役)インタビュー

2018年9月で3周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。同作で渋谷凛役を演じる福原綾香さんにインタビューを実施した。

「出会ってからずっと『シンデレラガールズ』になりたかった」『デレステ』会沢紗弥さん(関裕美役)インタビュー

2018年9月で3周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。同作で関裕美役を演じる会沢紗弥さんにインタビューを実施した。

プロフィール

山下七海さん(やましたななみ)

 7月19日生まれ。徳島県出身。おもな出演作に『Wake Up,Girls!』シリーズ(久海菜々美役)、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ミク役)など。好きなアイドルは一ノ瀬志希ちゃん、好きな楽曲は『秘密のトワレ』、 好きなMVは『イリュージョニスタ!』と『BEYOND THE STARLIGHT』。

ギャルで乙女な唯ちゃん ポイントは“ギャップ”

── ボイス実装から3年が経ちますが、オーディションの日のことは覚えていますか?

山下 覚えてます! じつはもともと、オーディションは唯ちゃんじゃなくて、中野有香ちゃん役を受けに行ったんです。でも、「押忍!」の発声が緩すぎる、って言われちゃって……(苦笑)。そのときに、「じゃあ、唯もやってみて」という話をいただきました。

―― なんと! 急に唯を演じることになって、どんな気持ちで臨んだんですか?

山下 私とはまったく違うタイプの子だったので、最初は戸惑いました。それに、ギャルを演じたことがなかったので「私にできるかなぁ?」って。でも薦めてくれたということは、私にその素質があるのかもしれないと思って。気合を入れて、アドレナリンを出しまくってがんばりました。演じるセリフは「ウェーイ!」みたいな軽い感じですけど(笑)。

――それで、唯役に合格したわけですね。演じるときに気を付けていることは?

山下 唯ちゃんらしく、“軽くしゃべる”こと。それから、親密度が上がってプロデューサーちゃんに対してマジメなトーンで本音を話すときに、ふだんのテンションとの“ギャップ”を感じてもらえるように心掛けています。

――3年間演じてきて、変化したことは?

山下 周囲のキャラクターたちと掛け合いをする場面が多いので、唯ちゃんのコミュニケーション能力の高さを感じてもらおうと意識するようになりました。唯ちゃんは誰とでも壁を作らずに接することができる一方で、根は乙女だったりするんですよね。ギャルらしい、いやらしさのない距離の近さを表現するのに、最初は苦労した記憶があります。

――ちなみに、唯はパッションタイプですが、山下さんご自身は何タイプだと思いますか?

山下 全タイプいける気がしますね。見た目的には黒髪ロングでクールっぽいかなと思うし、キュートのピンク系の衣装を着てみたいという気持ちもあります。そう考えると、パッションがいちばん遠いのかな?(笑) じつは、『シンデレラガールズ』のギャルの子を演じている声優って、みんなギャルっぽくないんですよ。私とか、藤本里奈役の金子真由美さんとか……。収録現場でも、台本のギャル語を見て「これどういう意味?」とか相談したりしています。

――なるほど(笑)。 唯のデビュー曲『Radio Happy』では、どんなことを考えて収録に臨みましたか?

山下 『シンデレラガールズ』はキラキラした楽曲が多くて、最初はそのイメージで歌ったんです。そうしたら「もっと力を抜いていい」と言われて。それで、街を散歩しながら鼻歌を口ずさむような感じにしてみました。

――そこも唯らしく、ということですね。ステージイベントの思い出はありますか?

山下 最初に出させていただいたのが、『デレパ(※1)』のイベントだったんですけど、「初めてなのに流れ着いちゃって」とプロデューサーちゃんたちがザワザワしていました(笑)。その場で『Snow Wings』を歌ったのですが、唯ちゃんとして初めてのライブだったし、しかもバラエティーコーナーの後だったので、すごく緊張しました。でも、イベント自体がわちゃわちゃした雰囲気で、デビューとしてはやりやすい環境だったのかも(笑)。

※1 デレパ……ニコニコ生放送の番組『CINDERELLA PARTY!』のこと。MCは本田未央役の原紗友里さんと、多田李衣菜役の青木瑠璃子さん。

――その後、さまざまなライブにも出演されるようになりましたね。

山下 唯ちゃんはつねに自然体で、ステージでも緊張しなさそうなキャラクターなんですが、私は逆に“緊張しぃ”なので、それが表に出ないようにするのに苦労しています。いつも、前の出番の人がステージに上がったら「この曲が終わらなければいいのに……」なんて思っているくらいで。

――飄々としているイメージがあるので、意外です。緊張対策で何かやったり?

山下 本番前に、飴を舐めてスイッチを入れています。飴ちゃんは唯ちゃんも大好きですし、一度やってみたら上手く行ったので。あとは集中するために、イヤホンで曲を聴きながら鏡の前でずっと振付の確認をしています。中川さん(※2)からは「優雅に泳いでいる白鳥は、水面下で必死にがんばっているというけど、こういうことなんだな」と言っていただけて、それが励みになりました。最初は、黒髪だし唯ちゃんとは見た目も違うのでプロデューサーちゃんたちに認めてもらえるか不安だったのですが、曲の力も借りて受け入れてもらえてよかったです。

※2 中川さん……バンダイナムコスタジオの中川浩二氏。『アイドルマスター』シリーズのサウンドプロデューサーを務めている。

――中川さん、いいこと言いますね~。山下さんは金髪も似合うと思うのですが(笑)。

山下 そうですか!? ガチで唯ちゃんに寄せてみたら、びっくりされそう(笑)。

メインユニットは“金髪”アイドル勢揃い!

――『デレステ』ではどんな曲が好きですか?

山下 自分の曲でないほうが、雑念が入らないので燃えますね。とくに好きなのは『秘密のトワレ』で、一ノ瀬志希ちゃん自身も大好きです。ちょっと小悪魔で、私もあんな女の子になりたいって思っています(笑)。演じている藍原ことみさんとのギャップもいいですよね。それから個人的に、ゆずさんが大好きなので、3周年コラボはすごくうれしいんです! ただ、私は歌うユニットの中に入っていないんですよね……。ゆずの曲が歌えるってわかっていたら、立候補したのになぁ(笑)。

――またの機会があるといいですね(笑)。メインのユニットはどんな感じですか?

山下 “金髪”で揃えているんです! 唯ちゃんのほかに、私のイチ推しのメアリーちゃんとか、こずえちゃん、桃華ちゃん、それから美嘉姉という編成になっています。フレちゃん(宮本フレデリカ)を入れることもありますね。美嘉姉だけピンク髪ですけど(笑)。

――おもしろいコンセプトですね。今後、唯とユニットを組んでほしいアイドルは?

山下 ゲームのほうでは“サクラブロッサム”というユニットを相川千夏ちゃんと組んでいますが、その組み合わせを、アニメでもやってみたいですね。このふたり、まったく違う性格なのに、仲がいいんです。

――ぜひ見てみたいです! それでは最後に、全国のプロデューサーへメッセージを!!

山下 唯ちゃんを演じることになってから、プロデューサーちゃんたちには本当に背中を押してもらっています。これから、もっともっと唯ちゃんの魅力を引き出していこうと思います。よろしくお願いします!

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ジャンル:アイドルリズムゲーム
配信先:App Store/Google Play™
利用料:ダウンロード無料(※一部アイテム課金)
ダウンロードはこちらから



(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この記事は『 ファミ通 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.famitsu.com/news/201810/19165933.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧