1. ホーム
  2. Game*Spark
  3. 遠隔操作ロボットで模型のチェルノブイリを探索する『Isotopium: Chernobyl』Kickstarter進行中

デベロッパーRemote Gamesが開発する、遠隔操作のロボット車両と巨大な模型環境を使用する探索ゲーム『Isotopium: Chernobyl』のKickstarterキャンペーンが進行中です。


「リモート・リアリティ」と呼ばれるコンセプトの本作では、プレイヤーがインターネット経由でロボット車両を遠隔操作し、リアルな建物などが再現された模型のアリーナでゲームをプレイします。現時点でチェルノブイリのプリピャチの街を再現したアリーナと10台のロボット車両が作られており、街を探索して希少な同位体を収集するゲームが楽しめるとのこと。

Alpha Beta Gamerによるプレイ映像
将来的にはパズルやクエスト、チームベースのマルチプレイヤーや戦闘、新たな車両や異なる環境(火星コロニー、地下鉄など)といった要素の実装を目標にしている『Isotopium: Chernobyl』。Kickstarterキャンペーンの目標金額は5,000ドルです。








この記事は『 Game*Spark 』からRSSを読み込んでいる外部記事になります。
記事URL:https://www.gamespark.jp/article/2018/10/23/84701.html

記事本文を読む

お勧めの記事

今月発売のゲーム

  • Book
  • グッズ
  • アニメ
PRAmazon

専用攻略サイトリンク

一覧