ウェイストランド2のゲーム評価レビュー

2016.7.15 / コメント

ウェイストランド2のモニターに選ばれましたので現在プレイ中のムダウチです。何人のモニターの方がいるのかわかりませんが少しでもこのゲームが世に出るといいな。

このウェイストランド2ですが、アンテナ張って情報を集めている人しか知らないくらい微妙な認知度(日本内で)かなと思います。発売までに他のモニターの方の記事も増えていくと思うので色々な人の感想を参考にして購入を検討してみてください。

今回はウェイストランド2の評価レビューを良いとこ・悪いところを正直に全て書きます。

伝える相手で分かれる評価・・・
なので、一般向けとコア向けの2タイプを記載

一般向けの評価

総合評価 30/100
オススメ度 ★★☆☆☆

THE海外的な見てくれと内容なのでまず拒絶反応を起こすので手にも取らない。最近はフォールアウトなど好まれ始めているので手を出したい気持ちもわかるが「クソゲー」と罵る未来が安易の予想できる。

何をやるのか、どういうシステムなのか理解する前に投げ出すゲーム。

コア向けの評価

総合評価 80/100
オススメ度 ★★★★★

洋ゲ―の臭そうな雰囲気が大好きで、ディビニティ経験者なら問題なしに楽しめる。若干の粗さ・不親切さが目立つが気にならなくなる。

フォールアウトをちまちまシュミレーションで遊ぶ感じ。自分のアンテナ感度を信じて購入を決めていい。

愛を込めて「クソゲー」と罵るはず。

プレイ序盤で感じた全体的なレビュー

ウェイストランド2_レビュー01

B級が好きな人は気にいるゲームだと思います。大作にはなりえないけど超B級にはなれるゲーム。スパイク・チュンソフトさんが好きそうなゲームだなーって感じです。

先行モニタープレイだと説明書がないので試してみないとわからないことが多いのですが、外科医スキル持ってないと回復薬が使えないと知ったときは今後のプレイが心配になったものです。

一番簡単なルーキーでプレイしているにもかかわらず常に瀕死状態。自然治癒はありません。高難易度はシステム把握してキャラエディットから考えて開始しないと無理そうです。

最近は硬派なRPGが減っているのでウェイストランド2のようなじっくり系のゲームは非常に楽しいです。探索範囲が広がるほどにやれることが増えていくので徐々に楽しくなっている内容になっています。いわゆるスルメゲーというやつですね。

 

良かった点

翻訳の精度が高く、人間の会話になっているので「何言ってんだコイツ・・・」ってのはありません。ストーリーは海外のノリではありますが荒廃した世界ならではの内容で楽しめています。

戦闘はXCOM寄りで、殺るか殺られるかの感じの緊張感があります。死んだらロストですからね…。多くのスキルと武器の組み合わせがかなり悩みどころで、どういう戦い方にするか熟考するのが好きな人にはピッタリのゲームです。

キャラエディットだけで数時間遊べるのはこういったゲームの特徴の一つで、僕も実際に1キャラ1時間かかりました。ちゃんとプリセットのキャラが居るので迷ったらそちらを選択して問題ないです。ゲーム開始で最大4人選択でき、全て自作のキャラで始めることができます。時間がかかりますが世界観に没頭したいときは全キャラ自作がオススメです。

個人的にどうでも良い点ですがゴア表現は一切手を加えられてません。

気になる/悪かった点

  • テキストが読みにくい
  • 戦闘・探索中で使うアクションが多いのでボタン操作に慣れが必要
  • オブジェクト選択の精度が絶妙に悪い
  • 何となくカメラ距離に違和感
  • 終盤になるとエラーが頻繁に発生する

ゲーム性うんぬんよりもUIと操作性に不満が出てしまいます。しばらくすると案外慣れるのでそこまで問題では無いかもしれません。慣れる部分は許容範囲内なのですがエラーで強制終了してしまうのは人によってはストレスかもしれません。僕は『まあ、よくある』といった感じで気にしていません。たぶん世代で意見が分かれる。
※エラー回避はメニューをなるべく開かないようにしたり、連打せずに落ち着いてセーブをする。または、NPCを連れていかないとかで軽減できる。
たぶんアイテム系・NPC系に関するシステム内部ゴミが溜まっててクリーニングできてない。メニューを開く時もっさりしてますが、おそらくクラッシュするから開発がワザと遅くしてる。たぶん開発スキル・人員が足りてないからどうしようもない。

テキスト問題について

ウェイストランド2_レビュー02

UIや文字サイズの変更はできません。そのかわりテキストボックスをMMOのチャットウィンドウのように縦に大きさを変えることができます。
文字はパキッとしているので読めるのですが、テキスト表示部分が狭くて読みにくいです。

キャラ同士の会話になると3行分くらいしか読めない・・・。一応テキスト部分は縦に開けるので読めるもののひと手間かかります。

アクションのショートカットボタン

ウェイストランド2_レビュー03

L2で探索用のピッキングなどのスキルメニューが開きます。
R2で戦闘用のアクションメニューが開きます。
使用するには左スティックでアクションを選択します。

慣れの問題ですが、今でもたまに頭が混乱します。なんでだろう。

オブジェクト選択の精度

おそらくキャラの進行方向を微調整できないのが問題になっているかと。例えば「本棚の前にいる人に話しかけたいのに本棚しか選択できない」ということが度々起こります。
ちょっとスティックを触るだけじゃキャラが方向を変えないんですよね…修正されないかなぁ。

カメラの違和感

ざっくり言うと窮屈。上から見た視点で遠くが見えないというドラクエと同じなのに、遠くが確認できないヤキモキ感があります。最近のゲームに毒されているだけなのか、絶妙に狭いのか…
「どうしようもないから気にするな」と自分に言い聞かせたところ、今は「そんなもんだ」という気持ちになりました。

 

最後に

面白い/面白くないの評価が極端に分かれるゲームだと思います。おもいっきり日本受けしないゲームですね。昔から色々なPCゲームをやっていて洋ゲ―大好きな人はぜひ遊んでみてください。最近は洋ゲ―の敷居が低くなり、ユーザーも増えてきたからウェイストランド2を好きになる人は多いと思うんだけどどうなんでしょうねー。

ウェイストランド2のようなゲームは面白さを伝えにくいし、動画も見せ方が難しいから動画配信の人は大変そう。

ともかく、はやく巨大ロボットにミサイルぶち込みたい。

タグ:
世紀末
荒廃