arrow_upward
TOP
menu
MENU
攻略サイトの作り方

攻略サイトの作り方

攻略記事作成のコツと流れ

history2022.9.5 schedule2022.9.5 forum0

攻略サイトを運営するにあたって大事なのはもちろん記事です。日記のようなブログと違い、どのような記事を作るか決めておいた上で、効率化を図りながら記事を書いていきます。プレイの感想であれば特に下準備など必要なくゲーム内容を思い出しながら書けますが、ステージ情報やアイテムの場所の説明などは記憶だけでは限界があります。

僕が攻略記事を書く際にやっているノウハウをご紹介します。

記事を書くにあたってのコツ

どのような記事を書くのか明確にしておく

EDF5を作る前にまとめたスプレットシート

どのくらいのゲーム情報を掲載するのか規模を決めよう!」でも書いていますが、作る攻略サイトでどんな情報まで書くのかを予め決めておきます。wiki並みにアイテム情報まで載せるのであれば作業量が膨大になるためブログ編集にかける時間を見直さなければなりません。

アイテム情報を載せないのであれば何を書くのか。どんな記事が需要があるだろうかとゲーム発売前から考えておく必要があります。思いついた記事はスプレットシートなどにメモして一覧にしておきましょう。

よくわからない場合は、すでに公開されている攻略サイトを参考にしたり、前作や似たようなゲーム攻略サイトを調べてどんな記事が書かれているのか勉強しましょう。

データベース系の記事は予め公開しておく

装備系や消費アイテムなどのページはゲーム発売前に公開しておきましょう。検索エンジンからの評価は低いですが、先に公開しているという実績は考慮されます。そのため、ゲームが発売されて徐々に更新をし続ければ評価が上がっていきPV数が上がります。

よくみる「調査中です」の出番です。調べてる側からするとイラっとするやつですね。コメントなんかにクレームが来ますが最終的に充実させれば挽回できます。

どのようなデータが必要なのかはファミ通などのゲーム情報雑誌を読んでいると結構深くまでわかります。ファミ通は雑誌読み放題サブスクサービスで読めるので契約しても良いかもしれません。僕はU-NEXTの読み放題で読んでいました。

U-NEXTはこちら

普通のプレイ方法では攻略記事を書けない

ゲーム攻略サイトを運営するなら記事を書けるプレイ方法で遊ばなければなりません。ゲーム配信もしたいと考えている場合は無理です。魅せるプレイはできません。

例えば僕の場合はSAOHR攻略を作っている時、ダンジョンを進める場合は全ての行き止まりまで行きます。そして全ての宝箱を開けて、全ての敵を倒して、全ての採集ポイントを触ってボスを倒します。敵が素材をランダムで落とすので8割がた落とすまで何度も戦います。宝箱の中身が確率で良いものが出るなら良いものが出るまで開け続けます。
街にショップがありますがまず始めにショップの品揃えをチェックします。ダンジョンを進めたら品揃えが変わる可能性があるので必ず再チェックします。

どっちかと言うとデバッグしている感覚に近いです。雑魚やボスと戦う時は良いスクショが取れるようにカメラアングルを調整したり、わざと攻撃を受けて吹き飛ばされたりなど記事にできる事を色々やりながらのプレイになります。そのためバグ情報なんか充実させることができたりと副産物の恩恵があります。

これをもし時間がないからと急いでプレイした場合は後で漏れを回収するために時間がかかるので、多少遅くてもしっかりとプレイしていきます。

無心になり、マシーンとなろう

「うわー、このゲームおもしれぇ」なんて考えないようにしてください。それをやっちゃうとゲームを遊ぶだけで満足してしまい記事が書けません。これは実際に経験しています。それはニーアオートマタをプレイしたときのことです。もともと大ファンだったのでゲームに没頭してしまい、記事の更新を忘れて遊びました。遊んだ後はとても充実した気持ちになり攻略情報なんて書けませんでした。そのかわり感想や世界観の説明はめっちゃ詳しく書きました。まあ、間違えてサーバーのデータベース消しちゃったんで今はもうないんですけどね。世界の歴史とかどこよりも詳しく書いてたんだけどな・・・。

話がそれましたが、プレイ中の記憶は動画を見て記事化したらどんどん忘れてください。頭がパンクします。ゲーム攻略サイトを運営する上での一番のコツは「無」になることです。淡々とこなします。今の自分を客観視してはいけません。我に返ると記事が書けません。

自分を真っ当な人間だと思ってはいけません。クズです。掃き溜めの底に溜まった原型のない何かです。

記事を書く流れ

当然ながらいきなり攻略記事を書くことはできません。まずゲームをプレイする時間が必要です。そしてそのプレイ動画を見ながらスクショを撮りつつ攻略記事を書きます。

動画撮影しながらゲームを開始する
2時間、または章をクリアするまでプレイなどどこかで区切り設けてゲームをプレイする
いい感じのところでプレイを止めたら撮りためた動画を見ながら記事を作成していく。この時、一緒にスクショも撮りためていく
データベース系のページを作っているなら動画を見ながら1個づつ記入していく
一息いれたら1から繰り返す
1ヶ月を目標に完成を目指す

注意しなければならないのは、ゲームクリアと記事を書くことの両方が大事だということです。そして残念なことに両方を同時に進めることはできません。プレイしたら記事を書く。その繰り返しでなるべく早くゲームクリアを目指しつつ、なるべく早く記事を書く必要があります。

安心してください、誰よりも早く先の記事を書こうと焦りますが、一般のプレイヤーはかなりゆっくり時間をかけてプレイします。あまりにも早く先の記事を書いてもPVに貢献しません。もちろん中にはプレイ進行が早いユーザーがいるので終盤の記事を求めている人が居ますが、その人達は廃人もしくはゲーム攻略記事なんて必要としない人です。

記事を届ける相手は、日常生活がメインで暇な時間にゲームを楽しむ人です。このような人が圧倒的に多いということを覚えておきましょう。思っている以上にゆっくりプレイされます。特に最近のゲームはプレイ時間がかかるものが多いのでなおさら進行が遅いです。
逆にどこよりも早く、深く詳しく書くことでガチ勢と呼ばれるような人が訪れる攻略サイトにすることができます。しかしそれは独りで攻略サイトを作る場合にはほぼ不可能です。協力者がいる場合にガチ勢向けのサイトを作れます。

ゲームプレイの録画は必須!

記憶だけで記事を書くのは不可能です!攻略記事を書く時は必ずプレイ動画を撮影しておきましょう。情報を見返すことができるのはもちろん、記事中に貼り付ける画像の準備も楽にできます。

PS4は本体側で撮影が可能ですが、Switchはできません。PS4も動画が撮影できるとはいえ、撮影を失敗することがあります。なのでHDMIを分配してPCで録画することをオススメします。これは格安で録画ができます。

しかし動画を見ながら記事を書く方法はパソコンを持っていることが必須です。パソコンを持っていない場合はゲーム機内の録画でやりくりすることになりますが、動画の操作がしにくくスクショを書き出しを頻繁に行っていると発狂しそうになります。

使用している録画機器の紹介

アイ・オー・データ USB HDMI変換アダプター テレワーク Web会議向け UVC

購入金額:¥15000

HDMIの映像を変換してUSB接続でパソコン内に映像を取り込めるものです。僕はMACで作業しているのでQuickTimeで取り込みます。Windowsの場合は何かしらのフリーソフトが必要だと思います。

HDMI入力がついたグラフィックボードが入っているPCの場合はこれはいらない可能性があります。PCのグラボについている入力HDMIにゲーム機のHDMIをぶっ刺してゲームが映るなら買う必要はありません。
※HDMIの映像にはプロテクトがかかっているので下の分配器が必須です

【必須】4K 60Hz HDMI 分配器 スプリッター 2出力 HDMI 2.0

購入金額:¥2400

ゲーム機から出力される映像をモニターとPCの両方で見れるようにする分配器です。これとPCの間に「アイ・オー・データ USB HDMI変換アダプター」を挟みます。HDMIの出力映像にはhdcpというプロテクトが掛かっているのですが、この分配器をかいせばプロテクトを解除してくれるので録画が可能になります。

最後に

ゲーム攻略の記事を書くことはまずプレイありきです。プレイ時間+記事を書く時間がかかるのでゲームクリアまでの情報を記載するのは相当な時間と根気が必要になります。

少しでも効率化を高めてミスを少なくする工夫を徹底することが攻略サイトを長く運営するコツでもあります。

始めはまったく人が来なくて残念に思うかもしれませんが、ブログという媒体でゲーム情報は他のコンテンツよりPVを稼ぎやすくなっているのである程度続けていれば数字が簡単に上がるためテンションを維持しやすいです。
長く続けていくとサイト評価が高まるので糞みたいな記事を書いても一定数のPVが見込めるようになります。

まずは簡単な攻略サイトを作ってみて1年位は頑張って運営してみましょう!